千代田区神保町の賃貸・売買・不動産会社エムケイエステート

  • スタッフブログ

借りたい方(オフィス・店舗)

オフィス移転の流れ

STEP1移転の計画の作案と確認

移転の計画の作案と確認

■移転の目的を明確にする
移転の理由には様々ありますがその中で、なぜ移転するのかを明確にすることで希望の条件や優先順位が絞られていきます。

■現行の契約の内容を確認
解約の予告期間、違約金の有無、更新の時期などを事前に把握します。一般的な解約予告は6ヶ月ですが、再度内容を確認していただくことでより具体的なご希望条件の策定につながります。

■大まかなスケジュールの作成
移転までに必要な作業を整理し効率的な作業を行うため大まかなタイムスケジュールを作成します。

a

STEP2市場調査と物件の選定

市場調査と物件の選定

■市場の把握
希望の条件から良いオフィスを探し出すためにもより多くの情報を入手し市場を把握します。ただし、ほとんどの場合、具体的なお話にならない限り表面的な賃料しか把握は出来ません。

■物件の選定
事前に明確にした条件をしっかりと不動産業者に伝え情報を収集してください。オフィスの場合は月々の賃料だけでなく、賃料の免除など様々な交渉材料があります。情報を多数用意してくれるだけでなく、しっかりと希望の条件に近づける交渉をしてくれる業者を選定するのもひとつの選択肢です。もちろん弊社は交渉力を売りにしていますのでまずは弊社にご相談下さい。

◆お問合せはこちらから

a

STEP3オフィスのレイアウト

オフィスのレイアウト

■レイアウトの検討
ある程度物件が絞れてきたらオフィスのレイアウトを検討します。区画の分け方により空調などの変更なども必要になりますので、図面などを用いて進めてください。

a

STEP4契約内容の確認

契約内容の確認

■契約内容の確認
契約に際して預入金、賃料の改定などお金に関することはもちろん、契約の内容をしっかりと把握し、不明な点はしっかりと仲介業者に確認をしてください。

■設備などの再確認
ご希望の設備の設置や電気容量など設備に関しても最終確認を行ってください。併せて、工事の内容や施工業者の手配方法、費用負担など詳細を確認しましょう。

a

STEP5移転に向けての手続き

移転に向けての手続き

■手配等
決まったレイアウトから実際に施工する業者やOA機器の移設業者への発注をはじめ、移転のお知らせや社内印刷物など各種の手配を行いましょう。
■官公庁への手続き
お取引先等の民間の業者へのご連絡の準備と同時に官公庁への手続きも忘れずに行ってください。

a

STEP6移転

移転

■引越し
作成したレイアウトを基に打ち合わせを行ってからラベリングなどするとスムーズなお引越しが出来ます。

■新オフィスのチェック
想定通りにオフィスが稼動できているか最終的なチェックを行ってください。

■旧契約のチェック
原状回復はいつまで、いくらかかるのかなど確認を行い鍵の返却・預入金の返還など最後の手続きを行ってください。